買取方式によるクレジットカード現金化の換金率相場は?

クレジットカード現金化の相場と真実
Home » 現金化の相場 » 買取方式によるクレジットカード現金化の換金率相場は?
現金化の相場 | 04月21日更新

買取方式によるクレジットカード現金化の換金率相場は?

クレジットカード現金化の手法としては、買取方式とキャッシュバック方式という2つの方法があります。
そのひとつの買取方式というのは、クレジットカードを使用して購入した商品を転売して現金を手に入れるという方法で、古くからクレジットカード現金化の手法として用いられていました。
昔からクレジットカード現金化に使用されていた商品としては新幹線のチケットがあって、現在では商品券・ギフト券・新幹線の回数券・ブランド品・ゲーム機・アマゾンギフト券など様々あります。
このように買取方式の現金化で主に取扱われる商品は、金券類や換金性の高い商品と言えます。

この買取方式は自分で行うやり方とクレジットカード現金化業者を利用するやり方の2つがあって、どちらの場合も還元率の相場は約80〜90%台です。
このように買取方式の還元率相場が比較的高い理由としては、取扱う商品が換金性の高い商品だからということ考えられます。
商品の換金性が高ければお金に換えやすいというメリットがあるので、クレジットカード現金化業者としても高い換金率を提示できるのです。

ただ、現金化するために品物を店頭かネット・電話で購入して、手に入れた商品を店舗または業者が指定した場所に配送することで買取ってもらいます。
このような仕組みになっているので時間がかかってしまうケースもあるので、買取方式で現金化を利用するのなら時間に余裕をもって行う必要があるのです。

また買取方式の換金率相場は比較的高いのですが、その代わりにクレジットカードが利用停止になるなど、リスクが大きい手法ということも忘れてはいけません。
実はクレジットカード現金化は、クレジットカード会社との利用規約に違反してしまう行為で、その為カード会社としても現金化をしていないか利用者のショッピング枠の使用履歴を注視しているのです。
いつも換金性が高い商品をクレジットカードで購入する人はほとんどいないので、換金性が高い商品の購入をするとカード会社からマークされます。
ですから、買取方式は還元率の相場が高いけどリスクも高いと理解しておく必要があるのです。