相場よりはるかに高い換金率を提示するのは悪質な業者?

クレジットカード現金化の相場と真実
Home » 現金化の相場 » 相場よりはるかに高い換金率を提示するのは悪質な業者?
現金化の相場 | 04月21日更新

相場よりはるかに高い換金率を提示するのは悪質な業者?

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用することで誰でも簡単に現金を手にすることができるものです。
しかしクレジットカード現金化する際には換金率というものがあって、利用金額全てが現金に変わるわけではありません。
また、換金率には当然のこと相場というものがあって、20万円程度の利用額であれば相場は約80%〜90%程度と言われています。

ただし、換金率はクレジットカード現金化業者や利用金額によって変わってきますし、業者が提供するプランによっても変わってくる場合もあるのです。
ですからクレジットカード現金化をする際に、利用する業者を選ぶ時にはこの換金率に注目して探すのもひとつの方法と言えます。

それからクレジットカード現金化には、買い取り方式とキャッシュバック方式という2種類があって、その方式によっても換金率や入金のタイミングが変わってきます。
ですから、今すぐに現金が欲しいと言う人は、即日現金化できる方式を選ぶと便利になりますが、その分換金率が下がってしまうこともあるので注意が必要です。

また、相場を大きく上回る換金率を提示している業者は、悪質な業者である可能性が高いので、疑ってかかった方が無難と言えます。
ただし、キャンペーンや相談によって換金率をアップしてくれるサービスをしている業者もあるので、その点はしっかりと見極めることが大事です。

悪質な業者に騙されないためにも、換金率の相場をひとつの目安として考えることをおすすめします。
先にも触れましたが20万円以下の利用金額の場合の相場は約80%程度で、キャンペーンや相談で換金率をアップするにしても90%以上になることは考えられないことです。
優良な業者なら通常は相場の換金率を提案してくると認識しておくことで、その理由は高い換金率では業者が赤字になって運営できなくなるからです。
繰り返しになりますが、一般的な相場をはるかに超えるような業者は、悪質な業者の可能性があるので十分注意する必要があります。