換金率を信じて入金額を考えることは危険?

クレジットカード現金化の相場と真実
Home » 現金化の相場 » 換金率を信じて入金額を考えることは危険?
現金化の相場 | 04月21日更新

換金率を信じて入金額を考えることは危険?

クレジットカード現金化を活用する際に、現金化の換金率を比較して利用する業者を選択する方がほとんどです。
ただし、現金化業者が提示する換金率で計算した入金額がそのまま実際に入ると考えるのは少し甘い考えと言えます。
その理由は、現金化業者の提示している換金率はすべて最大値、手数料が引かれることもある、キャンペーンは実態がハッキリしないなどの真実が隠されているからです。
この3つを理解しておかなくては、実際の入金額を把握することはできません。

現金化業者のホームページでは、換金率が詳しく記載されていて、あたかもその数値による入金額を手にすることができるようなイメージがあります。
しかし、これらの数値はすべて最大値で実際の取引において、提示されている換金率で現金化ができることはないのです。
そして、どこの業者も「最大値なのでこちらの換金率は保証できません」と別のページか小さな文字で記載しています。

また、高い換金率を提示しているのでラッキーと利用してみると、様々な手数料が引かれて実際の入金額がかなり少なくなっていることもあるのです。
その為、実際の入金額から換金率を計算すると、それほど高い換金率でないということもありますし、悪質な業者の場合は10〜20%も低くなることもあります。
ですから、現金化取引をする場合には単に換金率だけではなくて、手数料がどのようになっているのかも一緒に確認しなければならないのです。
そうしないと考えていた入金額より実際の金額が少なくて、必要な費用が準備できなくなる可能性があります。

換金率アップといったキャンペーンを行っている業者も少なくないですが、その実態がハッキリしないケースも多いのです。
悪質な現金化業者の場合には、キャンペーンを適用させたと言っても、いつも通りの換金率で取引をしてくるケースもあります。
単純にキャンペーンを利用すれば入金額をアップできると考えてしまうことは危険なことです。