クレジットカード現金化業者の換金率相場と注意点は?

クレジットカード現金化の相場と真実
Home » 現金化の相場 » クレジットカード現金化業者の換金率相場と注意点は?
現金化の相場 | 04月21日更新

クレジットカード現金化業者の換金率相場と注意点は?

クレジットカード現金化を利用する場合には、換金率の相場が存在していることを知っておくことも大事です。
一般的な換金率の相場を知っておくことにより、利用する業者を選択する際の参考として役立ちますし、悪質な業者を見極めることにもつながります。

では、どの程度の換金率が相場と言われているのかというと、約80%〜90%程度と考えることができるのです。
ですから、換金率が70%台を下回るような場合や、90%以上の高い数値を提示するような現金化業者は悪質な業者である可能性が高いと考えられます。
ただ、90%台の高い換金率を提示する現金化業者であっても良心的な業者の可能性もあって、一概に悪質と判断してしまうことはできません。
いずれにしても換金率の相場を逸脱している業者に関しては、慎重に見極める必要があるというのは、注意点のひとつと理解しておく必要はあるのです。

先に触れたように換金率の相場が80%〜90%と開きがあるのは、なぜなのかを理解しておくことも大切と言えます。
開きが生じるのは業者や現金化の方式の違いもありますが、それだけではなくてプランの違いでも換金率が高くなる傾向もあるのです。
ですから、そのようなことも考慮した上で、相場をひとつの目安として利用する業者を見極める必要があるというのも注意点のひとつとなります。

また、一般的に考えるとクレジットカード現金化業者の手数料は、換金率で表されていて90%の換金率なら10%が業者の手数料となります。
しかし現金化業者によっては、その手数料には含まれない別の手数料として、商品の送料や振込手数料などが発生することもあるのです。
こうした手数料が発生することを事前に説明してくれて、許容できる範囲なら問題ないのですが、振込する段階で急に差し引くこともあります。
このように急に手数料が引かれてしまうと、相場よりもかなり低い換金率になってしまうこともあるので、この点も注意点として知っておく必要があります。