クレジットカード現金化の還元率が高いとリスクも高くなる?

クレジットカード現金化の相場と真実
Home » 現金化の相場 » クレジットカード現金化の還元率が高いとリスクも高くなる?
現金化の相場 | 04月21日更新

クレジットカード現金化の還元率が高いとリスクも高くなる?

クレジットカード現金化において還元率が高い取引の方法としては、換金性が高い商品を購入して買い取ってもらう買取方式が挙げられます。
ブランド品やアマゾンギフト券など換金性が高いと購入金額に近い価格で買い取ってもらえるので当然還元率が高いということになるのです。
このように買取方式は高い還元率を可能にする取引方法ですが、その反面でリスクも高い方法になる可能性があります。

実は、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反する行為で、買取方式では換金性が高い商品を購入するために利用が発覚しやすいのです。
そして、現金化の利用というのが発覚すればクレジットカードの利用が停止されたり、最悪の場合には強制解約の処分がくだされたりするリスクがあります。
また現在返済している分割やリボ払いにしていたものを含めて一括で返済しなくてはならなくなる可能性もあるのです。

それから、強制解約となれば金融事故の扱いになるため、その情報が信用情報機関に登録されてしまうため、新しく別のクレジットカードを作ろうとしても作れないというリスクも発生します。
このように、クレジットカード現金化では還元率が単純に高いと良いというわけではなくて、還元率に伴うリスクがあることも考慮しなければならないのです。

還元率が高いクレジットカード現金化業者の中には、様々な手数料が別途かかってくる可能性もあります。
いくら高い還元率であっても手数料がとられてしまうようでは、実際の還元率が低くなってしまうというリスクがあるのです。
ですから、単純に還元率だけを確認するのではなくて、手数料がどのようになっているのかもチェックして、リスクを軽減することも必要と言えます。

またクレジットカード現金化業者のホームページに掲載されている高い還元率は、あくまでも最大の還元率であって全てがその内容で現金化できるわけではないのです。
悪質な業者の場合には、集客のために高い還元率を掲載しているケースもあります。
このように高い還元率の裏にはリスクが潜んでいる可能性もあると認識しておくことも必要です。