キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化の換金率相場は?

クレジットカード現金化の相場と真実
Home » 現金化の相場 » キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化の換金率相場は?
現金化の相場 | 04月21日更新

キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化の換金率相場は?

クレジットカード現金化の手法としてキャッシュバック方式というのがあります。
その仕組みは、現金化業者が用意した商品をクレジットカードを利用して購入すると、その商品に対して現金がキャッシュバックされることで現金を手にできるというものです。
このキャッシュバック方式は、買取方式ではカード会社に知られることで様々なリスクが生じてしまうために難しくなってきたことから出てきた方法です。

しかし、キャッシュバック方式はどうしても間にいるクレジットカード現金化業者や決済会社などの関係によって、買取方式よりも還元率の相場は低くなって、相場としては約70〜80%程度となります。
ただ決済代行会社などを利用するため詳しい買い物の内容を把握される心配がないので、買取方式とは違いクレジットカードの利用停止などのリスクは低くなるのです。

買取方式よりも還元率の相場が低くなると言いましたが、買取方式の換金率相場はどの程度かというと約80〜90%程度です。
ただホームページで90%と高い換金率を表記していても、実際に90%で現金化することができる業者は少ないと考えられます。
それでもキャッシュバック方式では、買取方式よりも10%程度換金率が低くなってしまうことは利用者としては、大きなデメリットになると言えるのです。

しかし、高い換金率となっている買取方式ですが、実際に来店する必要があり交通費がかかったり、時間効率が優れた方法と言えなかったりするデメリットもあります。
その点、インターネット上で利用できるキャッシュバック方式は、手軽で簡単な方法になるといったメリットがあるのです。
また、先にも触れましたが買取方式には様々なリスクが伴うといったデメリットがあるけど、キャッシュバック方式ならそうしたリスクを軽減できるのです。
ですから、換金率相場を重視して現金化するのか、リスク軽減を重視して現金化するのか、利用者の考え方によって現金化の方式を検討すると良いと言えます。